求人サイトのスカウト機能

求人サイトスカウト機能とは、求人広告(求人案件)を出している企業が求職している人をスカウトする機能です。
システムエンジニアの求人や、プログラマの求人を探して応募するだけでなく、こうした機能を活用したほうがよいでしょう。
スカウトするには、その人がどういう人かわからないとスカウトしようがないので、自分がどういうことができるのかという情報をサイトに登録できるようになっているはずです。サイトによって呼称はいろいろあるでしょうが、WEB履歴書などどいった呼び方のものです。
ここにどういうことができるのかをきちんと書いておく必要があります。これをやっておかないとスカウトされる可能性はまずないでしょう。
ただし人手不足が著しい業種では、年齢のみでスカウトしてくる場合はあり得ます。私の経験では、大手サイト(さまざまな業種を扱っている)に登録し、あまりまともにWEB履歴書を書いていなかったのですがタクシードライバーとしてスカウトがきたことがあります。
こうしたことはありますが、自分の働きたい業種からスカウトを受けるには真面目に情報を書きましょう。自由な文章が書ける形式になっているならそこも書きましょう。

 

求人サイトで仕事を探す

WEB的な仕事の探し方ならSNSの利用ということもありますが、まずは求人サイトということになるでしょう。目的の仕事に応じて各種サイトがあります。ITエンジニアに特化した求人サイトとか、看護師専門の求人サイトとか。そうではなく一つのサイトに各種求人情報があり、検索条件で職業を指定して検索できる場合もあります。
大手のサイトでは、転職、就職、アルバイト別にサイトを分けてそこへの入り口となるポータルサイトがあったりします。

多くのサイトが存在していますので、自分にあったサイトを探すことから始めることになります。サイトの選び方の法則のようなものは特にないです。大手サイトなら求人数が多いということは確実ですがそこに載っていない求人案件も多数存在します。自分の希望にぴったりとあう求人案件がどのサイトにあるかはタイミング次第なので、まめに探すしかないでしょう。
求人サイトにはスカウト機能があることがほとんどなので、そうした機能を有効に使ってみるようにするとよいでしょう。

ブログサイトを作る

ブログを行っている人は多いと思います。
WEB構築の技術のある人は、自分でサイトを作るのもよいと思います。
WordPressななどのCMSを使って構築するのではなく、一から作成すればす転職、就職する際に自分の技術力を見てもらう有効な方法になります。
全てを作るのではなく、WordPress用のテーマを作るだけでもかなり有効です。特にWEBデザイナー系の仕事であれば、一目瞭然でわかります。

常に記事を投稿するなどの日々の運用をしなくても、転職時にサーバを借りてその時だけサイトを作るということでもいいと思います。

求人サイトの履歴書に自作サイトとして掲載しておけばPRになります。
もちろん、気の利いた内容であることが必須ではあります。

 

 

求人サイトに登録する履歴書はできるだけがんばりましょう

求人、転職サイトを使うば場合の履歴書類をサイトに登録するには、いい感じの内容にしましょうという情報は探せばけっこう出てきます。たとえば、大手のマイナビのサイトなどにあります。こうした情報を活用するのはいいと思いますし、やるべきでしょう。

そうはいっても、書き方はよくても、書いてある内容がよろしくないとやっぱりよろしくありません。
転職の場合、転職回数が多いとよく見られることはないですし、資格をもっていないともっているより低くみられるのは確実です。結局のところ自分がどういう人物かということにとるわけで、こうした内容には書き方など関係ありません。やはり日々意識的に自分を向上させて有用な人材になるしかないです。

書き方としてはそういうデータの羅列的な内容以外の自己PRなどの内容に関して意味があります。
データの羅列的内容が貧弱ならば、せめてこういう部分でのアピールを大事にしていきましょう。

どうしても貧弱な内容にしかならない場合、スカウトされるのは難しく、相手が緊急に人が欲しいという仕事を探していくしかないでしょう。

求人サイトで仕事を探す

仕事を探すには、さまざまな方法があると思いますが、IT的な探し方だとなんといっても求人サイトでしょう。
就職、転職、アルバイトなど各種目的に応じたサイトがあります。
学生ならリクナビなどのサイトの利用は当然でしょう。

これらのサイトはさまざまな特徴がありますが、おおむねWEB履歴書(レジュメ)を登録しておけば、求人を出している企業がその情報を見て、いい人材だと思ったらスカウトできる機能を持っている場合が多いです。

求人情報を一生懸命検索し、どんどん応募するのもよいですが、レジュメを登録し、スカウトを待つというのも賢い方法のひとつです。
当然ですが、いい人材だと思われないとスカウトされるはずもないので、しっかりした内容のレジュメを登録しておくことが必要です。

いい人材だと思われるために、上げ底の情報を書くのはやめましょう。
後で痛い目をみること確実です。決して経歴など詐称しないようにしましょう。