求人サイトのスカウト機能

求人サイトスカウト機能とは、求人広告(求人案件)を出している企業が求職している人をスカウトする機能です。
システムエンジニアの求人や、プログラマの求人を探して応募するだけでなく、こうした機能を活用したほうがよいでしょう。
スカウトするには、その人がどういう人かわからないとスカウトしようがないので、自分がどういうことができるのかという情報をサイトに登録できるようになっているはずです。サイトによって呼称はいろいろあるでしょうが、WEB履歴書などどいった呼び方のものです。
ここにどういうことができるのかをきちんと書いておく必要があります。これをやっておかないとスカウトされる可能性はまずないでしょう。
ただし人手不足が著しい業種では、年齢のみでスカウトしてくる場合はあり得ます。私の経験では、大手サイト(さまざまな業種を扱っている)に登録し、あまりまともにWEB履歴書を書いていなかったのですがタクシードライバーとしてスカウトがきたことがあります。
こうしたことはありますが、自分の働きたい業種からスカウトを受けるには真面目に情報を書きましょう。自由な文章が書ける形式になっているならそこも書きましょう。

 

求人サイトで仕事を探す

WEB的な仕事の探し方ならSNSの利用ということもありますが、まずは求人サイトということになるでしょう。目的の仕事に応じて各種サイトがあります。ITエンジニアに特化した求人サイトとか、看護師専門の求人サイトとか。そうではなく一つのサイトに各種求人情報があり、検索条件で職業を指定して検索できる場合もあります。
大手のサイトでは、転職、就職、アルバイト別にサイトを分けてそこへの入り口となるポータルサイトがあったりします。

多くのサイトが存在していますので、自分にあったサイトを探すことから始めることになります。サイトの選び方の法則のようなものは特にないです。大手サイトなら求人数が多いということは確実ですがそこに載っていない求人案件も多数存在します。自分の希望にぴったりとあう求人案件がどのサイトにあるかはタイミング次第なので、まめに探すしかないでしょう。
求人サイトにはスカウト機能があることがほとんどなので、そうした機能を有効に使ってみるようにするとよいでしょう。

アフェリエイト

Amazon関連でもうひとつ。Amazonアソシエイトについて。

いわゆるアフェリエイトであり、自分のサイトにAmazonの商品のリンクをはっておき、クリック数により報酬を得られるというものです。
いろいろなサイトで、商品画像の下にamazonへのリンク用のボタンがあるものがその形態の一つです。

この機能はだれでもすぐに使えるのかといえば残念ながらそうではなく、審査があります。詳細な審査基準は示されていませんが、おおざっぱには「集客力」があるサイトでなければだめであるということになります。

集客するために何をしているか、例えば「SEO対策」などを回答するよう求められます。

作成したばかりのコンテンツがほとんどないブログであれば、審査に落ちると思って間違いないでしょう。
まずは、それなりのコンテンツを作り、集客力を上げ、その後アフェリエイト申請をするということになります。

審査に落ちるまでの審査期間中は、amazonアソシエイトがつかえる状態になっているので(この記事執筆の少し前時点では)、どんなものか見てみたいだけなら、審査に落ちる前提で使ってみることはできると思います。

 

ブログサイトを作る

ブログを行っている人は多いと思います。
WEB構築の技術のある人は、自分でサイトを作るのもよいと思います。
WordPressななどのCMSを使って構築するのではなく、一から作成すればす転職、就職する際に自分の技術力を見てもらう有効な方法になります。
全てを作るのではなく、WordPress用のテーマを作るだけでもかなり有効です。特にWEBデザイナー系の仕事であれば、一目瞭然でわかります。

常に記事を投稿するなどの日々の運用をしなくても、転職時にサーバを借りてその時だけサイトを作るということでもいいと思います。

求人サイトの履歴書に自作サイトとして掲載しておけばPRになります。
もちろん、気の利いた内容であることが必須ではあります。

 

 

求人サイトに登録する履歴書はできるだけがんばりましょう

求人、転職サイトを使うば場合の履歴書類をサイトに登録するには、いい感じの内容にしましょうという情報は探せばけっこう出てきます。たとえば、大手のマイナビのサイトなどにあります。こうした情報を活用するのはいいと思いますし、やるべきでしょう。

そうはいっても、書き方はよくても、書いてある内容がよろしくないとやっぱりよろしくありません。
転職の場合、転職回数が多いとよく見られることはないですし、資格をもっていないともっているより低くみられるのは確実です。結局のところ自分がどういう人物かということにとるわけで、こうした内容には書き方など関係ありません。やはり日々意識的に自分を向上させて有用な人材になるしかないです。

書き方としてはそういうデータの羅列的な内容以外の自己PRなどの内容に関して意味があります。
データの羅列的内容が貧弱ならば、せめてこういう部分でのアピールを大事にしていきましょう。

どうしても貧弱な内容にしかならない場合、スカウトされるのは難しく、相手が緊急に人が欲しいという仕事を探していくしかないでしょう。

Amazonの配送方法のこと

宅配の数が増え、宅配業者がさばききれない状況になっているというニュースをよく見かけます。
ネットショッピング最大手のAmazonも当然ながらこの渦中にあります。

当日配送からは、ついにヤマトが撤退しました。
そこで、当日配送は、他の業者が行うようになりました。
Amazonが契約している複数の業者のうちどこが担当することになるかはユーザが選択することはできません。

荷物の追跡はネット上でできますが、ヤマトや郵便局のゆうパックのような精度での情報は表示できず、いったい当日の何時ごろにつくのか、今現在どういう状況なのか、本当に当日つくのかよくわからないという声が多いです。

Amazonのサイトでは故意かそうでないかはわかりませんが、プライム会員だと、デフォルトで当日配送が選択される仕様になっています。(この記事執筆時点)
これだと、ヤマト以外の当日に配送する業者が選択されてしまいます。
翌日以降の配送でよいのであれば、当日配送ではない配送方法を選択すれば、ヤマトや郵便局になるようです。もちろん100%そうかまでは知りません。

Amazonのデータ不良のこと

Amazonはストリームやダウン度ロードで音楽データの販売を行っています。

AmazonPrimeだとある程度のタイトルがAmazonPrimeの料金のみで、ストリームで聞くことができます。

まれにですが、このデータが不正な場合があります。(途中で切れているなど)

こうした場合、Amazonにその旨を連絡すると調べてくれます。
データにミスがあった場合は、修正する作業を行ってくれます。

必ずかどうかはわかりませんが、こうしたケースでは、Amazonで使えるクーポンなどでいくばくかのポイントをつけてくれるようです。

ミスがあったらあきらめずに連絡してみることをお勧めします。

 

Amazonの品切れアイテムのこと

買い物といえばまずはAmazonで説明不要なほど有名です。

私は、書籍をよく買います。ミステリやSFなどのエンタメ系が主ですがw
新品以外にも、既に品切れ絶版になったタイトルもあったりするので重宝してます。
実際にはサイトに商品があるのにAmazonのサイトで検索すると表示されない場合がけっこうあります。なぜなのかは、質問したことがないので不明です。
こういう場合、ひょっとしたらあるかもしれないということで、Googleでその商品を検索してみます。すると、Amazonの該当商品ページが表示されることがあります。Googleで表示されたリンクをクリックすると見事にAmazonの商品ページが表示されました。

単行本、新書、文庫など複数の形態で同一タイトルが出版されていた場合や、複数の出版社から出版されていた場合、一部の形態、出版社のものしかAmazonでの検索では表示されない場合があります。この場合も一度Googleで検索してみると、Amazonに探している形態、出版社の商品がある場合があります。

一度ためしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

求人サイトで仕事を探す

仕事を探すには、さまざまな方法があると思いますが、IT的な探し方だとなんといっても求人サイトでしょう。
就職、転職、アルバイトなど各種目的に応じたサイトがあります。
学生ならリクナビなどのサイトの利用は当然でしょう。

これらのサイトはさまざまな特徴がありますが、おおむねWEB履歴書(レジュメ)を登録しておけば、求人を出している企業がその情報を見て、いい人材だと思ったらスカウトできる機能を持っている場合が多いです。

求人情報を一生懸命検索し、どんどん応募するのもよいですが、レジュメを登録し、スカウトを待つというのも賢い方法のひとつです。
当然ですが、いい人材だと思われないとスカウトされるはずもないので、しっかりした内容のレジュメを登録しておくことが必要です。

いい人材だと思われるために、上げ底の情報を書くのはやめましょう。
後で痛い目をみること確実です。決して経歴など詐称しないようにしましょう。